自己紹介






ヒーリングルーム愛代表の
愛場です。

ヒーリング歴20年(1991〜 
5000人以上の受講生
と関わり 多くの奇跡を 起こす

セミナーを受けて自己免疫疾患をはじめとする難病
ガンを自ら治した人多数。
難病手帳を返した人
聴覚障がい手帳1級を返した方もいる。

超一流の瞑想指導者
[山田孝男師から10年間に
わたり指導を受ける。
そこで培った技術を使い多くの人を
サポートし続けている。

「瞑想で悟り体験ともいえる
サマーディー経験をしたとき
誰もが素晴らしい存在だ 
本気で人生を変えようと
思った人は誰でも変えれる。

を強力に体験した。

その時に
「お前にハンドパワーを
与えるとメッセージをもらう」
瞑想時に 光の存在から
「お前に人を癒す力と 
才能開花させる力を与える
とメッセージをもらう」
使わないでいたら体調を壊しため 以後使い続けている。

治したかったら
「本気で自分と向き合ってみて」と
ムチを振って叱咤激励する
コーチングからいつしか
「ちあ魔女」と呼ばれる。

無料メルマガ

瞑想セミナーも開催 
音声ファイル販売中

著書 
「1日1ページ自分を変えることば」コスモツゥーワン
  2013年2月 出版 
しばしお待ちを



お金の不安を取る


アリとキリギリス 


イソップの中に 色々な教訓 がふくまれています

大人のための「イソップ物語」といった本のあるので お勧めです。

■アリとキリギリス  (未来編)

アリとキリギリスを知ってると思いますが、あれって、
ある意味恐いインプットではないかと思うのです。

(ある人によると 世界レベルで潜在意識に刷り込まれているらしいですが、、、、
 本当かどうかはわかりませんが)

昔は産業革命の時代 
働かせないと いけないので そういう時代から
この物語が出来たらしい という噂もありますが、真実のほどは?


春は、アリはしっかり働き、キリギリスはバイオリンを弾いていた。
寒い冬がきて、アリさんは、暖かな家と、食べ物があったけれども、
キリギリスさんは食べ物がなくて、、という話ですが、


アリとキリギリスの現代版があるのをご存知でしょうか?


春は一緒で、アリさんは働き、
キリギリスさんはバイオリンを弾いてました。
寒い冬がやってきました。

キリギリスさんは食べ物がなく 野垂れ死に 
アリさんは、働きすぎて過労死していました、というやつです。(笑)

なんとも 怖いですよね。
 最近は仕事のせいか 過労死や、突然死も増えてるそうで
(女性にも増えてるらしいです。)笑ってられません。

ストレス溜め込みすぎて、突然死も病気も嫌ですもの、
ぜひ 心穏やかに 生きたいものです。
(突然死のまえに必ず 身体はメッセージを発しています
辛いよ しんどいよと そういう時は 身体の声を聞いて休むこともおすすめです


そしてそして、 未来版は


春は一緒で 
アリさんは働き 
キリギリスさんはバイオリンを弾いてました。
寒い冬がやってきました。

アリさんの家には食べ物がたくさんありました。

キリギリスさんは食べ物がなく、困ってると、

アリさんがドアを開け 呼びかけます。

「キリギリスさん、
あなたの素晴らしい音楽のおかげで、私達は癒され、
心地よく、そして、
能率よく仕事がはかどりました。
ありがとうございます。

どうか、冬は私達の家で、
あなたの素晴らしいバイオリンを聞かせてください。
お礼に住む家と 食べ物をさしあげます。」と

キリギリスさんは アリさんの申し出を喜んで受け、
アリさんは、いい音楽で心が癒され、
仕事の疲れがとれ、

キリギリスさんは 大好きなバイオリンを弾いて、
おいしいご飯をご馳走になり、
めでたしめでたし、


という話です。これが21世紀の地球の話だそうです。
実際に起こるのは、かなり先?でしょうか?

皆で そういう時代が早く来るように祈りたいですね。

お子さんに本を読んであげるとき 本を選ばないといけないかもしれませんね、

特に小さい子供は感受性が強いので
子供時代の経験が 人生を大きく左右します。
小学校までに経験しこと 体験したことが あとあと数十年
違ってきます。
お子さんには いい環境
(仲の良い夫婦、自然の物を見る。
いい音楽を聴く
いい絵を見る  などなど
わからなくても 感覚で残っています。
子供だからわからないではなく 
連れて行ってあげるといいそうです。


子供時代の経験が人生をかえてしまうので

インナーチャイルドの癒ししておくといいですよ

HPだと 文章だけなので うわずみ わかったつもりいなってしまうかも
とおもい 書くことをためらいましたが すこしでも つたわればとおもっています

人間は体感しないと 府におとないと 行動しないのです
だから ここに書いたからといっても わかったつもりになるのは嫌だなと おもい
書くことに躊躇をしましたが 参考までに 書かせていただきました。
うわずみが 嫌な方 セミナー参加お待ちしています。

リアルの体験に勝るものは ないのです。
ルーブル美術館の コピーの絵を見ても 感動しないのです
あの場所に行って あの広さ あの空間を味わい 感動するのだから
ということで きょうみがある方お待ちしています。