癌も治すイメージ力

癌も治すイメージ力
以前 山田先生の瞑想セミナーで お会いした 感じの良い女性に
帰る方向が同じで 送っていただいたのですが 
なんで瞑想始めたの?という話になり 彼女が話してくれた
ことは (一見普通のおばさんに見えるけど)(失礼しました)
「私は昔 癌だったのよ。子宮癌から卵巣に転移して それから全身転移して余命3か月と言われた。抗癌剤やら、放射線やら何でもやったわよ。あの苦しさは やった人でないとわからないわよ。もう死ぬんだと思った。」と、
「今は元気で癌もないわよ。おかげさまで…」とのこと。
どうやって治したかと聞いてみたら テレビでお子さんとハイジを見てたそうです。
その時「神様に貯金しとこう」というセリフがあった。
突然その時「私は神様に貯金なんてしてるだろうか?癌になって皆に迷惑かけて」と思ったの。貯金するにはどうしたらいいのかって思ったら
皆の迷惑にならない事。
簡単じゃないの自力で治すことだ そう思い、
次の日タクシーで病院から家に帰ってきた。
勝手に退院しちゃったの。
病院もどうせ死ぬんだから好きにしなさいと言ってくれて、

その時、民間療法などを色々やったのよ。(今は民間療法をOKする病院もふえています。)

レントゲンのように
瞑想中に自分の体がレントゲンのように見えたの。
当時は はっきり見えたのよ。
そうしたら案の定癌の所が汚い色してるの。

山田先生に言われたとおりに見えたから
イメージできれいな光を当てていった。

あんまり転移してたんでめんどうになって
1か所にまとめちゃったのよ。
そしたら1か所になったわけ。
その大きな塊を毎日毎日光を当てていったの。
小さくしていった。そうして、根気よく小さくしていった。
しばらくして病院の先生に
「癌の転移がなくなってますから1か所になってるから見てくれ」

って言ったら
「どうしてわかるんだ」と言われたけど とにかくCTスキャンとってもらったら、ちゃんと癌が1個所になってたのもおもしろかったわよ。
やっぱりなと 治る確信が持てた。
最後の少しがなかなか消せなくて 時間がかかったけど消せたのとうとう、
そして、癌が消えていたっていうわけ。その時思った。

健康も 思いの力で .
自分の体って自分の思いそのままだ。
自分でどうにでもなるんだって悟った。当時はいつも祈ってたよ。

治りますようにってね。神様かハイヤーセルフかわからないけど
なんにでも祈った。

そうしたら声がして「大丈夫だよ」って
今思えばハイヤーセルフの声なのよね。
だからちっとも恐くなかった。
その時 神様って外じゃなくって自分の中にあるんだ
って思ったって話してくれました。

私がこういうヒーリングの仕事をしているせいか
癌を自力で治したとか、糖尿病やアトピーを治したと
いう人と会う機会に恵まれます。

治った人の共通点は恐怖がないこと、
重い病気でも安心していられたということ。
祈っていたこと。
何かを信じて(民間療法も医者も どちらでもいいです、
信じ切ってそれに突き進む。
民間療法の場合は偽物もあるので本物を見抜くことも大切だと思いますが)
ハートの声を聞くと本物かどうかがわかります。

病気って本当に思いひとつ。病は気からって実感します。
治った人に聞いてみると、絶対弱気にならない。打ち勝つ強さ、

精神力がある人。そして、自分を信じる人。
確か自力で癌を治した寺山心一翁さんも同じようなこと言ってましたね。

セミナーでエネルギー伝授をうけると イメージ力が強まるかた多くいます。
病気になった前提を排除し 新たな前提を創りあげていただき
その結果 ご自身でなおったイメージをし 完治したかたも多くいます。
(病気の時はマインドがめげそう 弱っていますのでそういう時に仲間力を使って不安をとることも効果が出ている 原因のひとつかもしれません)

 人間の信念って凄い.
病は気から、という言葉どおりなのかもしれません。
ただ、治ることを信じるか。
信じないかの差が自分の人生を左右するのではないでしょうか?
生きようとする気力、執念とも思える力が
奇跡を起こすのではないでしょうか?
人間の信念は凄いなと思います。
どんなに立派なお医者さんであっても
最終的には本人の意思、気力が優先するって話も聞いたことがあるし、
私達は自分の持っている宝物、治癒力にもっと目を向けるべきなのかもしれません。あるドクターが教えてくれましたが、
大したことなくて入院してきても愚痴言ってる人は悪化してしまう。
この人はダメだろうなと思っても 家族の愛の力と本人の前向きな気持ちで治ってしまうことってあるんだよね、と
別のドクターは 絶対ダメだろう、抗癌剤だって効いてないような状態で
もう余命いくばくもないという人が 最後に旅行をしたいと言うので
許可をしたら、元気に帰ってきたというのも多々あってね、不思議なんだよね、こういうのあるんだよと
それは、本人の意思、本人の底力、
潜在的なパワーなのではないかなと思う今日この頃です。
私達のイメージ力って想像を超えた凄い力があります。
私たちは誰もが自然治癒力を持っているのだから、もっと自分の力を信頼したいものです。自分自身をどれだけ信じられるかが鍵なのだと思います。
もっともっと自分を信じていきたいですね。
私の病気が治ったら、良くなったら信頼するわ、
という人がいますが、そうではなく
自分の中の力を信じたら 奇跡が起きるのです。逆なのです。
そんなはずないよと思っていると、その疑いの思いが未来を創ってしまいます。
病気が治るわけない、どうせダメだ、無理だと(人生がうまくいくはずない)と思った時点でそのマイナスの思いが未来を創りあげてしまいます。
その結果、悪い未来を創りあげてしまいます。気をつけましょう。
アメリカのカンザスシティに住む9歳の少年が“想像力”(イメージパワー)を使って奇跡的な体験をした。
ギャレット・ポーターは9歳の時に、脳に癌が見つかり1年の命と宣告される。
病院の治療は効果はなく絶望的だった。そのとき 臨床医師のパトリシア・ノリス博士と出会う。ノリス博士は「想像力」で癌を消滅させるイメージ゜トレーニングを提案します。
その頃ちょうどスターウォ―ズがはやっていたので それを取り入れました。
スターウォ―ズのように宇宙戦争で癌を悪者にしたて イメージ゛で戦い始めました。毎日毎日 おこないました。1年たったころ なんと敵がいなくなったのです。病院へ行き検査をしてみると、全ての癌が消滅していました。
ポーターは立派に成人し パイロットになり国境警備隊で遭難者の救助に当たっているそうです。
このような例は今 数多く現在では確認されています。
人の思いの力は強く働くのです。本人が本気で治そうと思い
真剣に心の力を使いいい感情を持ち続けた時に奇跡が起こります。)

イメージ力
私たちの中にある素晴らしい力ですから 使いこなしてみましょう。
(イメージ力を使って 病気治癒 願望達成 が可能です。)

ただ素直にいいイメージをする
疑いながらイメージをするのは 効果は半減します、
(疑いながらイメージをするのは叶わない前提になっています)
イメージをしたけど叶わなかったという方は、叶わない前提でイメージを
しているとのことなのです。

治らない前提で、治るイメージをしている人
願望達成しない前提で 願望達成のイメージをしている人
がいますが、これでは効果は半減します。

治る前提で治ったイメージをして、祈っていると
直観で、こういう治療「こういうヒーリングがいい」「この病院がいい」と閃くことがあるので、それにしたがって動いたら治ったという人も多いです。
(愛場は神社巡りが好きでよく行きます。北海道や長崎に行ったら教会も入ります。アメリカやヨーロッパに行くと教会も行くしタイや台湾などに行くと
お寺も回ります。エジプトはまた行ってみたい国の一つです。

宗教心はありますが一定の宗教には属していません。
知り合いの由緒正しいお寺の住職さんで趣味が神社巡りで祝詞も唱えるという方がいますが素晴しい方です。)
節操がないかもしれませんが 治ったら なんでもいいと思っています。
結果がすべてだから いいものは取り入れてお伝えしたいと思います。

「チアフル硅素」もおすすめです。
ストレスを溜めない(溜めたら発散する)
発散方法は 自然に触れる、好きな音楽を聴く 好きな絵を見る。がベターです。
ストレス発散で買った品物は気に入らなかったりするので
買い物も気分がいい時に行うほうがお勧めです、

イメージというと妹さんが癌だった時に瞑想をしていたら、
いつもは後ろ向きのイメージしか浮かばない
根気強くイメージをしていると、ある日妹が前を向き、
「兄貴がそんなに言うなら東京のセミナーにいってもいいよ。
観光ならいってもいいよ。」と瞑想(イメージ)中にいったそうで
その数日後
瞑想と同じように妹さんが
「観光ならいってもいいよ」と実際にいったそうです動画はこちら
イメージは未来の青写真になります。
だからいいイメージをしていきましょう。