TOP  



メンバーの現在の活動状況:

・ リッキー(廣田龍人)はREVOLVERやMICHELLEを率いてビートルズ曲のカバーを続けています。また、1970〜80年代のロックを中心にしたバンドHOTLEGSで懐かしい名曲の数々を演奏しています。他にも、ソロ活動を通してオリジナル曲やアコースティックサウンドでのビートルズ曲の演奏も連日のように行っています。活動の詳細は演奏予定表を参照して下さい。バンド活動の中心はライブハウス・赤坂グラフィティで、ソロ演奏では北海道から沖縄まで年間約300ステージをこなしています。

・ 清水仁は、1989年オフコース解散後、「ONE」を結成し2枚のアルバムを発表。その後1994年リッキーと「FAB-2」を結成した後、1999年「ABC」への参加、現在は2007年に加入した「森本太郎とスーパースター(ホームページhttp://www5b.biglobe.ne.jp/~bluebird/ 」で活動しています。2009年11月22日の新橋ヤクルトホールでは満員の観衆の前で記念コンサートを開催しました。

・ 城間正博は、リボルバーに参加後WISHINGにてドラムを担当しライブハウス・六本木キャヴァーンクラブで活躍をしましたが、現在は一線から退いております。

・ 川端孝博は家業に専念し、残念ながらミュージック界から離れました。

  

バッドボーイズに関する文献:


1974〜75年頃は、様々な音楽雑誌などに記事としてコンサート予定他について書かれていました。しかし、作品の評価として正式なものは無かったと記憶しています。ところが最近、音楽之友社から出版された「Beatle Vibrations」というビートルズに関する非常にユニークな本にバッドボーイズの作品について掲載されていることが判りました。

 

この本は、Beatlesの音楽に触発されたか商業上の目的などの理由からビートルズの曲をカバー、コピーしたミュージシャン及びその作品について驚異的な範囲(何と600枚のアルバム!)をカバーしています。正にビートルズ曲のカバー・コピーをしている人たちには必読の書です。皆さんもいかがです、バッドボーイズの軌跡に触れて見ませんか?


 

題名:Beatle Vibrations - ビートルズのフォロワーたち
ISBN:4-276-96057-6
出版:株式会社音楽之友社
監修:赤岩和美・大鷹俊一・小川隆夫
定価:本体1800円+税
 



______________________________


バッドボーイズその後の追加情報


"Badboys"の話題から。
以前
NHK-BSで「ヤングインパルス」というTVプログラムを放映しました。映像の元はTVKテレビで、チューリップの昔の演奏フィルムを流しておりました。それをご覧になった方々多数よりご連絡を頂いておりました。皆さんの共通意見は2つ、「バッドボーイズのバスドラを発見した!」と「チューリップはどうでも良いから、何とかバッドボーイズの演奏を見れないのか!」でした。(以下に映像ショットを3種)特に江戸茶利番氏からは細かく情報を頂きました。

ということは?バッドボーイズの演奏シーンのフィルムがどこかに残っている訳で、何とかならないか思案しております。
それから、バッドボーイズ史の上から、少々専門的になりますが、よく見るとバスドラにはドラムメーカーの「Ludwig」のロゴマークが入っておりません。BADBOYSのロゴはデビューから変わっていないデザインです。であれば、レコードデビューして間もなくの1973年ごろですね。その後、「Ludwig」のロゴをバスドラに貼ったのでしょう。そして、コンサートによってはバスドラにミカンが当たったりして汚れましたから、やはり1973年ごろでしょう。今度、リッキーではなく、本件は当時のリンゴ・城間氏に確認してみます。








元バッドボーイズ・リンゴこと城間正博氏への突撃インタビューの巻:2003年6月


と言うことで、そのバスドラのロゴマークの件で、以前元バッドボーイズのリンゴこと城間氏に確認のインタビューを独自に敢行したことがありました。

Webmasterの質問:「この映像(以下のテレビ番組)でのBADBOYSのバスドラムにはLudwigのロゴが張られていません。1974年に入ると貼られていましたが、何故でしょう?後から貼ったのですか?」
城間正博氏の回答:「リッキーのホームページですか?ああ、あのイエロードラゴン?えっ!?バッドボーイズのホームページですって?リッキーが公認している?」..........しばらく沈黙。「見る人いるんですか?」
Webmaster:「ええ、北は北海道から南は九州まで。日本全国にはまだまだバッドボーイズのファンは健在です。」
城間氏:「そうですか。でも、もう終わっているので追加の情報がないでしょう。」
Webmaster:「いえ、それはそれで各地の昔のバッドボーイズのファンの方々の協力を得ています。」
城間氏:「そうなんですか。」、「Ludwigのロゴについては、なにぶん昔の話で.....。」
<しばらくして>「そうだ!多分、仁さん(元バットボーイズのポールこと清水仁氏)が、そのロゴステッカーを2枚持っていたはず。それをもらって貼ったのかな?」
Webmaster:「なるほど、であれば清水さんはその残りの1枚を自身のへフナーベースの裏に貼ったんですね。」
城間氏:「良くご存知で。」「実は、そのバスドラの皮は自宅に所有しているので、注意深く確認してみますよ。」
Webmaster:「では、次回お会いする時に、その結果を教えてください。」
城間氏:「分かりました。」



______________________________

リッキーはジョージハリスン追悼トリビュートアルバム<Gentle Guitar Dreams>に参加しました。参加曲は3曲目のWHEN WE WAS FABです。鈴木茂バンドにてボーカルをとっています。また、一味違ったリッキーの歌声を聴くことができます。
[CD No. AMCM-10021:イーストウエスト・ジャパン]



         


- Home Page Design HIDEX -